残業代請求は、信頼できる弁護士に相談し、依頼するのが近道です!

残業代請求を利用する人が多い

ブラック企業に使われる人や、協定を結ばないままの裁量労働制は法令違反です。残業代請求は正当な権利なので利用する人が多くみられます。

利用される業者の特徴

no.1

親身になって話を聞いてくれます

サラリーマンの残業代に関する訴えを親身になり聞き入れ、要点を整理しながらその人に寄り添い行動します。

no.2

労働基準法に詳しく、違反行為を示してくれます

法令違反をいち早く指摘し、未払い分の残業代請求に向けて迅速に動き始めます。また法令違反となる仕事をやめるようアドバイスも行います。

no.3

依頼すれば全て調べてくれます

依頼をし、委任状を作成することで残業代調査などをすべて引き受けてくれるので安心です。

no.4

代理人として企業や労基署へ訴えかけてくれます

委任状を作成すれば代理人として労基署へ訴えを起こしてくれます。あなたは何もすることがありません。

no.5

サラリーマンの心強い味方となってくれます

理不尽な残業代未払いや不当な「裁量労働制契約」などを打倒するべく、サラリーマンの心強い味方となってくれます。

男性弁護士

就労規則をチェック

残業代が支払われていないということになれば、残業代請求を行う手続きを取るとよいでしょう。しかし就労規則を事前にチェックをしておくとよいでしょう。場合によっては残業代に関する企業独自の規定があるかもしれません。就労規定に残業代の不払いが提示されているようなところはほぼありませんが、それでも古い規定をそのまま採用しているような場合も十分考えることができます。京都府内で労働トラブルを専門に扱っている法律事務所を探して、就労規則などチェックをしてもらうとよいでしょう。いきなり裁判にするのではなく、内容証明を送付して請求内容を理解させる必要があります。弁護士だと費用がかかってしまう、ということであれば、行政書士に相談をするとよいでしょう。行政書士であれば書類作成のエキスパートなので分かりやすい書類を作成してくれます。

確実に支払ってもらえる

残業代請求をしたいと考えていても、個人では解決をさせることができないということがあります。どういうことをやったらいいのかも分からないでしょう。またどこに訴えるべきなのか、訴えたところで企業側との関係性が悪化をしてしまい、その結果退職を余儀なくされることに繋がるでしょう。京都には労働トラブルに強い弁護士もたくさんいます。弁護士は基本的に専門以外のトラブルは引き受けないということはありません。幅広く対応をしているので、残業代に関するトラブルを相談しても実績がない、という可能性もあります。まずは実績がある法律事務所を探すことが大切です。実績があればどういう手順で進めていくのかということも把握していますし、専門家が介入をしてくれば結果的に支払わなければいけない状況に陥るので確実に残業代を手にすることができます。

広告募集中